脳スタイルテストとは?

脳イメージ
 
このテストは過去の様々な心理テストとは違い、脳医科学に基づき、脳を領域別の機能に即してタイプ分けしています。ご存じのとおり普段からよく使っている脳の領域がその人の考え方や行動パターンをほぼ決めてしまいます。「脳スタイル®テスト」で自分の脳の使い方・ストレス耐性(質)を知ることで得意脳の活し方伸ばし方、その妨げとなっていることも推測できます。その結果、優先的な対策や改善することが可能になります。脳スタイル®テストの活用方法は多岐に及び、仕事においても【自分の脳の使い方を理解する】が極めて有効だと実感できます。
 

脳スタイルテスト結果表_0113

脳スタイル®テスト 5つの特徴

脳医科学がベース

脳スタイル®テストは脳科学だけがベースではなく医療現場からの「人の脳」を根拠にして開発されたものです。

脳の質を数値化

世界で初めて動物脳・人間脳をスケーリングしその結果、左脳・右脳の使い方だけではなくもっと重要な脳の質(=ストレス耐性)を数値化することに成功しました。

活用範囲が多岐に及ぶ

人事・人材育成・コミュニケーション・イノベーションなどの会社発展。及びストレスケア、うつ病、大人の軽度発達障害など、医療機関と連携した対応・対策など多様に活用できます。

コミュニケーションに役立つ

日本社会ではトラブルの8割が人間関係といわれています。脳スタイル®テストを実施することで会社全体や部門間、上司と部下、あるいは家族とのコミュニケーションを円滑に図り、かつ相互理解が深まります。

自己理解

これまでにない脳医科学に基づく自己理解を仕事に活かします。妥当性は極めて高く、その有効性を数値で認識することが可能です。